オフィス

ストレスチェックは当たり前│会社に変わってサービスを提供

自信の状況を確認

メンズ

ストレスチェックを行なうことが義務付けられたことには様々な背景があります。最近では仕事が忙しくなって、そのせいで残業が増えるということが増えてきているのです。それが原因で体調を崩して仕事の効率が落ちたり、仕事を辞めたりする人が続出しています。職場が原因で体調を崩すという人が年々増えていき、今後も減る様子が見られないということで、厚生労働省から従業員のストレスチェックを義務付けるようになりました。厚生労働省から指定されているチェックする内容では、職場のストレス要因、心身のストレスへの反応、会社からのサポート状況の三つのことを中心に行なわないといけません。このチェックによる結果はストレスチェックを行なった本人に通知され、それによって自分がどのくらいストレスを感じているのを気づくことができます。チェックによって、かなりのストレスを抱えている人は、医師との面接が必要と判断されることがあるでしょう。医師と面接してどのようなことをしたらいいのか指導してもらうことによって、状況の改善をしないといけません。個人でストレスを解決するのではなく、会社側でも従業員達のストレスがたまらないようにサポートを行ないます。従業員の労働時間の見直し、落ち着いて働くことのできるような環境作りなどを、会社側はしないといけません。会社側のサポートをして、またストレスチェックをして、効果があるのか確かめてもらいましょう。このような取り組みをすることが義務付けられているので、社員の数が一定以上いる会社は早めにストレスチェックについて調べるようにしましょう。